« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

【海外出張】ベトナムに到着しました

毎年実行している海外アライアンス探しのため海外出張に今年もやってきました。

今年はベトナム・シンガポールです。

昨晩ベトナムに到着しました。

第一の感想は

「蒸し暑い!!」

なにせ湿気がすごいです・・・


空港で3,000円分両替したらこんな感じでお金持ち気分を少し味わえました。

Attachment00
お金には初代国家主席であるホーチミン氏がすべての紙幣に印字されておりました。

タンソンニャット国際空港からホーチミン中心地までタクシーで200,000ドン。
大体200で割ると日本円になるので1,000円ぐらいです。
現地の金銭感覚から言うとあまり安くなく感じたのですが、いざタクシーに乗ってみると車・バイクの交通量が非常に多い中を上手に走ってくれるので、結果として大変安く感じました。

ホーチミン地下鉄が2020年開通予定で、開通すると交通状況は少し改善するかもしれません。歩道の舗装はされていますが荒れているところが多く、補修は間に合っていない感じで革靴で歩くには少し疲れます。

何も気にせず夜に街を歩けるぐらい治安は良いですが、信号のない横断歩道が多く、道を渡ることに慣れるまでにしばらくかかりそうです。

夜景は綺麗で、人がすごく多い印象でした。

Attachment01

最後に、夜に食べた食事の一部をアップします笑。

Attachment03

Attachment04

また適宜情報をアップしますね。



あすか税理士法人

高田和俊






2016年8月23日 (火)

【国際税務】租税回避策開示義務化へ(税理士に向けて)

パナマ文書の問題があるように、世界的に租税回避を排除しようという動きが活発な昨今。

日本では2018年度から実施を目指す、新しい制度が検討されています。

それは、企業や富裕層に租税回避策を指南する税理士に、当該『仕組み』の開示を義務づける制度です。

今年の9月から検討に入るようですが、一番気になることがあります。

“何を持って租税回避というか”です。


現行法では規制されていないが、経済合理性やいわゆる常識からみて著しく租税を軽減させる策を指すのだとは思います。
が、現行法では規制されていない、ので違法ではない点で線引きが難しいだろうと思います。

税理士に租税回避策を開示させることで現行法の不備や抜け穴を改善することが国の目的であるようです。

高額報酬を得て『不相当に』税負担軽減を提案している事務所にとっては気になることだと思います。

私たち、あすか税理士法人ではクライアントの現状と目標を正しく見定め、適切なアドバイスを提供することをモットーにしています。
その中で仮に適法であっても『不相当に』税負担を軽減させるスキームはいずれクライアントにとって不利な事態を招くと考えていましたので、やっと法整備がされる流れになったか、も思う側面もあります。

一方で、線引き次第では適切なスキームまで実行し辛くなる側面も否定出来ません。

今後の議論に注視していきたいと思います。



あすか税理士法人

高田和俊


« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31